Don’t think,Feel!!

 

 

仙台よりも北の地方にある公園へ息子たちを連れて遊びにいってきました。

 

 

 

花粉も落ち着いてきたので臆することなく外に出れるようになりました。スギに感謝。

 

 

ソリ滑りにアスレチック。

 

 

自然の中にある公園なので虫もたくさん。

 

 

帰り道に道の駅で買った団子を食べたりなんかして

 

 

とても楽しい一日でした♫

オリブ

2016年末の時点で、「来春の飛散量は平年の1.2倍、今年の4倍に!」と言われていた2017年の花粉。うーん、4倍ってほどでもないかな。2年前の方がよっぽど酷かった。あまりに花粉が辛すぎて空気清浄機買いに行ったもんです。今年は、、普通にしんどいレベル!

普通にしんどいレベルなので行動的になれないほどではない、というわけで近くの山へ散策に。お目当はふきのとう。好きなんです。

念入りにアクを抜いた後、すり潰してペースト状に。それを使ってカルボナーラに。とっても美味しかったんだけど、絵面的には特別美味しそうには見えないだろうなと思ったので写真は撮らず(笑) 

ふきのとうや春菊、よもぎ。こういう日本人にとってとても身近な食材をもっと西洋料理にとってのハーブのように料理に使えたら凄く面白いのになーと思っていました。カルボナーラとジェノベーゼ(バジルのペースト)が合うのは分かっていたので、それをふきのとうに置き換えてみた、ということです。入れすぎると苦くなりすぎるかなと最初は控えめに入れてみたんですが、アク抜きで茹でた上に水にさらしていたので全然マイルド。リゾットでもなんでも使えると思います。おすすめ。

そういえば、パスタ料理を作った時なんかは食材がシンプルなので、子供に何の材料を使っているかをクイズにして尋ねます。教育ってほどのことじゃないんだけど、何が入ってるかを知っていた方が食事は楽しいと思うので。その日はトマトソースを使ったペンネを出して質問しました。

父「今日のパスタは何が入ってるかわかる?」

子「ペンネ!!」

父「あとは」

子「トマト!!」

父「他にはー」

子「ツナ!!」

父「お、よくわかったね。ツナは入ってる。他には?」

子「たまねぎ!」

父「正解。あとなんだろう」

子「にんにく!!!」

父「いいね。あと一つで全問正解。最後はなんだろう」

子「んーとうがらし?」

父「とうがらしは使ってないよ。ちなみに胡椒も使ってない」

子「わかんない!」

父「もっと考えてみて。トマトの味をマイルドにしたんだよ」

子「うーん、、、、、、、」

父(チーズって言うかな〜正解は生クリームなんだけど)

子「オリブホール!!」

父「おりぶほーる?」

子「お父さんがよく使ってるやつ!オリブホール!!」

父「おりぶ、、ホール?」

子「オリブホール!!!」

父「オリブ、、オリーブ?、、オリーブオイル!!!(驚)」

 

これは上の子の話なんだけど、下の子は下の子でさらに言葉を知らないだけに表現が面白い。

子「耳のプルンプルンしてるとこがデコボコになってきてる!」

父「プルンプルン?なにそれ。どこのこと?」

子「ほら、耳の豚トロみたいなところ!」

父「豚トロ?、、、、(暫し考える)、、、耳たぶのことか!!」

 

豚トロを食べる時は、この話を思い出して欲しい。

In My Life

小学校の時にお世話になった先生が退職されたらしい。
とても優しく優しい先生でクラスの全員が先生が好いていたと思う。
手作りの学級新聞を書き (毎週か、もしくは毎日だったかもしれない)、誕生日の子がいればその号はその子にスポットを向けた内容にする。
毎朝本の読み聞かせがあった。「チャーリーとチョコレート工場」に特別な思い入れがあるのはそれのおかげだ。
フォークギターを抱えて「たんぽぽ」という曲を度々歌ってくれた。私がギターや歌に興味を持ったのは先生の演奏が最初だったかもしれない。

素晴らしい先生でした。私が今こうして生きているのは先生のお陰です。

そういえば、そんなとびきり優しい先生を一度だけ怒らせたことがあった。一度きりなのではっきりと記憶している。
あの日、あの時、私は音楽室で、先生の臀部へ、力一杯のカンチョーをした。
先生は振り向き、私の肩を押して叱りつけた。
10歳の私はシュンとなる。
反省。

もう二度としない、、と誓った

これが私の人生で最後から2番目のカンチョーでした。

 

息子から頂戴する不意打ちのカンチョーは本気で痛いぜ

元ネタ

多分17歳ぐらいの頃だったかと思うんだけど、ラジオから流れてきた曲に驚いた。

あれ?これって小沢健二の

そんな風に自分の場合は後から気がつくことが多かった。元々音楽に詳しい人だったらすぐにピンと来るのでしょう。

これはつまりヒップホップでの引用、サンプリングと同じことだ。というかレゲエでもそういうことはよくあるから昔からよくある音楽文化の遊びみたいなものかもしれない。

「これわかる?」とでも言うかのような大胆な引用から、数曲のパーツを組み合わせたコラージュ的な作品まで。

ただサンプリングの仕方にも一定のルールがあるようで、誰もがしっている曲を何の思慮もなく使ったような、「原曲の人気にあやかろうとする」やり口は熱心なヒップホップファンからの批判を受けたりする。

確かにこの曲を初めに聞いたときは(いやらしいなー!)と思った。アメリカのチャートでは大ヒット。でも周りにいたヒップホップDJは懐疑的だったな。そもそもパフダディーにはみんな批判的だった。

でもジャマイカ人の視点はまたちょっと違う。

どんどん取り入れちゃう。しかもこれだけで終わらないところがジャマイカ人の「逞しさ」を表している。

めちゃくちゃいい曲。この曲は7インチのレコードだとアカペラバージョンになってて、それがまた素晴らしかった。

90年代のレゲエにはこんなのが山ほどある。

そしてまた小沢健二の話に戻る。

これは95年くらいの曲だったかな?ブギーバックってNICE&SMOOTHの曲を下敷きにしてるって言われてるらしいですね。

たしかにテンポ落としたら、そうか。気づかなかったな。

自分もこういうオマージュ的だったり、引用をやってる曲もいくつかあるんだけど、あまりに気づかれないので言わないことにした。自分で説明してばっかりいたら恥ずかしいから(笑)

 

最後に、これはサンプリングの話じゃないけど。

この曲好きだったなー。今聞いても特別に綺麗なメロディーだ。

お兄ちゃんの方も。リミックスアルバムの中の一曲。

この曲は当時ジャマイカで流れてるのを聞いて(ジャマイカ人はこんなのもかけるのか!)と驚いた。

柔軟というか、自由というか、素直というか、よくも悪くも”節操のない”そのジャマイカの気質が好き。

BIG-RE-MAN

好きだなー。 BIG-RE-MAN

お調子者の中学生がそのまま大人になってラップしてます!っていうこの感じが好き。

リリックの下品さは特筆レベル。
でもあまりに下品でくだらないので私は彼らに清々しささえ感じ始めてる。

全員面白いけど、エビスくんがツボです。一番クレイジー!