• DIARY,  GUITAR,  MUSIC

    ジガーズサンになりたかった

    ミュージシャンのインタビュー記事でよく「女の子にモテたくてギター始めました」なんてコメントを見るけど、それって本当なんだろうか。ギターを始めるのは大体中高生の時期。中高生がモテたいと考えることは当然だからその感情に疑問はないのだけど、(楽器を始めよう!)という衝動に繋がる、というのがよくわからない。よくわからないのだけれど、”モテたくてギター始めました”と言えるって目的が明確で良いなぁと羨ましくなったりもする。モテたいからギターを始める。夏だから冷やし中華を始める。迷いがない感じが良いね。

    私がギターを始めたきっかけは、というとラジオとジガーズサンというバンドがきっかけでした。

    中学入学後、クラスメイトから「ラジオが面白い」らしいと噂に耳にし、地元のAM局がやってる人気番組を聞き始めます。DJの面白いお喋りも好きだったけれど、次々に流れてくる音楽がとても楽しかった。聞いたことのない沢山の音楽が多感な思春期の感情を刺激した。

    その中でもジガーズサンの「お宝」という曲を初めて耳にした時の衝撃は今も忘れられない。全身に鳥肌が立って胸の辺りが熱くなるあの感覚。

    「JIGGER’S SON – お宝」

    「なんだこれは!」と音楽に感動を覚えた私は翌週にはシングルCDを購入し取り憑かれたかのように延々と聞き続けたのちに、ギターへの興味を持つようになった。

    幸い自宅には古いフォークギター(当時はアコースティックギターなんて誰も言ってなかったのです)が転がっており、弦を張り替えさえすればすぐにでも始めることができる。家族で街へ出たタイミングでヤマハに行きギター弦を1セットとチューニングメーター、そして小さなコードブックを購入した。合わせて3,000円くらいだろうか。当時のひと月のお小遣いもそのぐらいだったかもしれない。

    すぐにでも「ジガーズサン」をギターで歌いたいけど、譜面はないし耳コピなんて当然出来ない。さらにいうとFのコードだって押さえられない。その時点で覚えたGとCとD、そしてAmとEmだけでどうにか乗り切れる曲はないか、と探した結果、見つからなかったので弾けるコードだけで曲を作り始めた。

    これが私の音楽の初期衝動でした。

    “バンドがやりたい”よりも”ミュージシャンになりたい”よりも「ジガーズサンになりたい」

    あの頃の衝撃や感動を起点にして拡がっていき、今のKGMとしての音楽があります。なので、これは自分の一方的な感情ですが、”恩人”みたいな思いがずっとあるんですね。勝手な話ですが

    出来れば直接会ってみたいと思っていました。そして思いを伝えつつ、ちょっとでもいいからお話をしてみたい。だけど無理に会いに行くよりも自分の音楽活動の流れの中で出会いたい。これは意地を張っているとかミュージシャンとしてのプライドがどうこうという話ではなくて、やっぱり嬉しいにも色々あると思うんです。大人になった今となればコネクションを使って近道をするとかそういう方法も不可能ではありませんが、それじゃ本当の喜びには繋がり難い。大好きな人だからこそ近道は出来るだけしたくないなと思い、チャンスが巡ってくるのを待って待って、、

    やっと会えました!

    しかも坂本サトルさん(ジガーズサンのボーカリスト)のラジオ番組の中でお話するというとても光栄な機会まで頂いて。

    めちゃくちゃ嬉しかった!「何も言えねぇ」とはこの事か。

    私にとっての坂本サトルさんはあなたにとってのミックジャガーかもしれない。あなたにとってのサティスファクションは私でいう「お宝」なのだ。

    沢山よくして頂いて、感激の極みでした。お話だけでなく、番組中の選曲をさせて頂いたり、生歌を目の前で聞くことも出来て、、こういう時って「あの頃」の気持ちそのものになっちゃうものなんですね。歌や音楽で記憶が勝手に再生されていく。生で聴くジガーズサンの「缶ビール」は格別でした。ありがとうございました!

    最後に放送中私が選んだジガーズサンの曲を

    「JIGGER’S SON – 君が降らせた雨」

    落ち込んだ時や悩んでいる時はこの曲が脳内で勝手に再生されるんです。それがもう26年も続いているんですよ。嘘みたいだけど本当の話。だから音楽がずっと大好きだし、自分もそんな音楽を作っていきたいと心から思います。

    続けているといいこともあるなー!

    7+
  • GUITAR

    TAYLOR 714CE ES2

    ギターは何本か所有していてそれぞれに必要な理由がある。

    ライブ用のギターは生音云々よりもとにかくピックアップの音に満足出来るかが重要だと思うんだけど、

    ピックアップは年々進化していく。だから自分にとってよりベターな方向へ乗り換えてきた。

    大体3〜4年ぐらいの間隔で買い換えてきたと思う。

    去年の春ぐらいから使うようになったのはTAYLORの714CEというギター。

     

    taylor

     

    一年近く使ってきてようやく馴染んできた感がある。

    生音はまあ良い方だとは思う。トップがスプルース、サイドバックがローズウッド。

    でもまだ音が若すぎる。ヴィンテージと比べるとボディ全体の響き方が浅い。

    ローズウッドは鳴るまでに時間が掛かると噂に聞いていたけど、それって本当なんだなー。

    ピックアップについてもだいぶ慣れてきた。

    ES2はとても良いと思う。

     

     

    ES1もそれはそれで素晴らしいと思う。ES1でしか出せない音がある。

    (でもこれはどのピックアップでも言えることか…)

    ES2は手元で鳴っている音とラインの音のバランスがほとんど一致しているのが良い。

    弦を滑らせた時の音を拾い過ぎるのが気になるけど、これは慣れで解消した。

    よほど気になるっていうならそれ用のスプレーを買えば良いのだ。

    一番助かると感じたのはラインの音がいつもほとんど変わらないこと。

    今までのギターだと会場によって響きが全然変わってしまって、

    それにものすごくストレスを感じながらライブをすることもあったけど、

    それが殆どなくなった。理由はなぜだろう?

     

    あと、(これも前々から評判を聞いていたけど)テイラーはネックが良いみたいだ。

    ナット幅は44.45mmと若干広めなんだけど薄さが故なのか、弾きにくさを感じない。

    実際このネックに慣れてきたら、

    (細ければ弾きやすいというのでもないんだな)

    と思うようになった。コードも押さえやすい。

     

    結論。

    TAYLORのギターは道具として最高!

     

     

    0
    TAYLOR 714CE ES2 はコメントを受け付けていません。
  • GUITAR,  MUSIC

    今更感

    ギターのこと。
    ずっと苦手だったある奏法のコツがようやく掴めて、
    それを活用すべく過去の曲を色々引っ張り出して試したりしてる。
    楽器はただ弾いてるだけでは上手くならない!!
    (私の25年が証明している)
    真剣にギターのことを考え始めたのなんて、ここ5、6年くらいのものだろうか。
    お恥ずかしい。
    でも40歳を目前にしてあえて言ってみよう。
    「俺はギターが上手くなりたい」
    今更感が凄いけど、割と本気。
    コンプレックスを取り払おう。

    あとはあれだ。転調。
    もっと理解を深めて物にしたい。
    自分の曲に取り入れていきたい。

    で、改めて聞いてみた。
    「愛は勝つ」
    転調といえば真っ先にこの曲が浮かぶ。

    素晴らしい!
    KANさんが好きだ!

    誰かにKANさんが大好きだという話をする度に、
    「あの愛は勝つの人?」
    と言われること山の如し。
    その度に「あの曲はKANさんの魅力の一部分でしかない」という話を、
    熱っぽく(唾を飛ばし)、時に拳を握り締め、KAN伝道師として語ってきた。
    そんなことを繰り返しているうちに、
    (愛は勝つってそんなにいい曲かな?)
    なんて本末転倒な思考に陥ってしまっていたけど、、
    あらためて聞いてみて…最高じゃないか!

    そして、今の時代にこそ、こういうど真ん中の言葉が必要なんじゃないだろうかと思った。
    自分にそんな歌が歌えるだろうか?
    その資格があるだろうか。
    でもチャレンジしてみる価値はあるかも。

    0
    今更感 はコメントを受け付けていません。
  • GUITAR

    ギタリスト

    ShunShunのライブ動画@横浜APAKABAR

    なんだこれは!むちゃくちゃかっこいい!
    サポートの鈴木潤さんも強烈なテクニック。

    まぁ私もギターは弾くんですが、こういったテクニカルな事は出来ないもんで、、憧れます(笑) こんなに弾けたら楽しいだろうな〜。歌詞がないのに「歌ってる」感じがね、たまりません。。

    歌心溢れるギタリストといえばトミーエマニュエル。

    この曲素晴らしい。。

    ギタリストってかっこいい。。

    0
    ギタリスト はコメントを受け付けていません。
  • GUITAR,  MUSIC

    JAMES TAYLOR – today today today

    2008年にカヴァー集『Covers』のリリースはありますが、オリジナル曲で構成されたスタジオ・アルバムとしては2002年の『October Road』以来。テイラーはこの約10年、新曲を書く行為自体をやめていたようですが、およそ2年前に、このままだと新曲で構成されたアルバムをリリースすることはないかもしれないと懸念し、家族らを説得。米ロードアイランド州ニューポートのアパートに篭り曲作りを行い、アルバムに収録するだけに新曲が書けたことから、自身のツアー・バンドと共にレコーディングを行っています。

    プロデュースはDave O’Donnell。レコーディングには

    drummer: Steve Gadd
    percussionist: Luis Conte
    guitarist: Michael Landau
    bassist: Jimmy Johnson
    keyboardist: Larry Goldings
    fiddler and vocalist: Andrea Zonn

    が参加。またゲスト・ミュージシャンとしてヨーヨー・マやスティング、妻のキム・スメドヴィグ・テイラーと息子のヘンリー・テイラーも参加しています。

    アルバムは70年代のテイラー作品を思い出させる柔らかで美しいフォーキーな音楽のコレクションになっているとのこと。全10曲入り。限定盤DVDには30分の舞台裏メイキング映像が収められます。

    ですって。
    もう新しい曲を作らなくても過去作だけでライブは成り立つんでしょうけど、それとこれとは別の話ですよね。楽しみだ。
    それにしても、ジェイムステイラーのギターのサウンドって独特。
    結局は、「腕」なんでしょうねぇ

    0
    JAMES TAYLOR – today today today はコメントを受け付けていません。