fuki

定期便

定期的にライブで訪問しているお店があるということが
ミュージシャンにとってどれだけ活動の励みになることか…

よろしくでーす!!

apaka

fuki

Tom Yum Boys

今年もKGM&PHAKCHIS Tシャツ。

tom

いわゆる「カレッジTシャツ」的につくってみました。

正面はフォントのみのシンプルなデザイン。
そして今回は左肩にもプリントを入れています。

こういうカレッジ風なデザインは定番です。
私は古着にめちゃくちゃ詳しいという訳ではないんですが、
でもよく見るカレッジ風Tシャツは「イマイチだな」と感じることが多くて、
その原因がなんなのかいつかじっくり考えてみたい思っていました。

よく使われるのはこんな感じのフォント。

font

これはこれでかっこいいし悪くないんです。
こんな書体を使ってパソコン上で好きな言葉に置き換えればすぐ”それっぽく”なる。
でも文字間やプリントサイズなどを相当に考えて作りこまないと”それっぽい”止まりになってしまう。
裏打ちにドラムのワンドロップでレゲエっぽく聞こえる、ってのと同じで。
だからあえてこういうフォントは使わず、
配置バランスでチャレンジしてみることにしました。

そしてかっちゃんからの提案で左腕へプリントを入れることに。
カレッジ物で左腕へプリントが入ったものは見たことがなかったので、
NIKEのヴィンテージTシャツを参考にサイズ感を調整しています。
TOM YUM BOYSの元ネタはこれも定番なのでわかると思いますが、

beastie

ここです。

ちなみにフロントのデザインは基本的にヴィンテージTシャツを参考にしてますが、


beastie2

発想の起点はココです。

前回のBIZ MARKIEネタの時もそうですが、
一部の人に面白がって貰えるような物を作っていきたいんですよね。
その方が自分も楽しいし。

販売は12/10頃からになると思います。
毎度のことながら一定数量を売ったら生産終了にします。
前のTシャツなどを「また作って欲しい」と言われたりもしますが、
同じことを繰り返すのがあまり好きじゃないもので、、、
ご購入予定の方は急いでくださいね。
サイズも色も好みのものがあるうちに、宜しくどうぞ。

fuki

アプリコッツ

新しいアレコレです。

キッズサイズではアプリコット、ライトブルー、ピンクが新作。サイズがまちまちになってますが、バリエーションとしては現状、バニラホワイト、ミックスグレー、メロンに今回の3色が加わり全6色になっています。ですが、メロンだけは追加生産しましたが、ホワイトとグレーは在庫限りとしています。どれが一番人気かというと、、動きはそんなに大きく変わらない気がします(笑) 個人的にはバニラホワイトとグレーが好きかな?でも、淡いピンクとか水色とか、子供服らしいカラーもいいですよね。アプリコットなんかは女の子っぽいんだけど、むしろ男の子が着るのが可愛いじゃないかなって思っています。

アダルトサイズはボディ自体を変えました。ヴィンテージヘザー、ヴィンテージヘザーブルー、ヴィンテージヘザーレッドは「トライブレンド」というコットン、ポリエステル、レーヨンの混合生地で、コットン100%とはまた違った着心地の良さがあります。ダックハンターカモは新素材の商品で、ポリエステル75%のコットン25%の配合になっています。こちらはサラッとしているというかザラっとしているというか、ユニフォームに似た質感があります。吸水速乾に優れた素材なので夏の時期は特に活躍するでしょう。

プリントは染み込みとハーフラバーを使い分けています。
ヘザーグレーはALL染み込みプリントです。グレーに関しては染み込みの方が好きなんです。クマはちょっと気恥ずかしい、という男性には最適だと思います。
ダックハンターカモはハーフラバーでプリントしています。この効果で程よく色がはっきり出ますが、若干柄が透けています。少し透けているおかげでキャラクター商品がっぽさが軽減されていると私は思います。
その他のカラーは黄色の部分がハーフラバー、黒のプリントは染み込みです。出来るだけ着心地に影響しない染み込みプリントで作りたいんですが、どうしてもボディの色とインクが乗算されてしまうので、例えば水色に黄色を染み込みでやると緑っぽく仕上がります。これがテキストデザインであればそれはそれの良さがあるんですが、今回のデザインは「クマ」ですから、緑のクマはちょっと、、というわけで黄色の部分のみハーフラバーにしました。

キッズサイズはもう少し先まで生産していくつもりですがアダルトサイズ(大人用)は今回の生産の在庫限りになります。特に大人用のTシャツはどのサイズも残り少なくなっていますので、ご購入予定でいる方は急いでくださいね!ついでにいうと、ブログに書くよりも前に、ハンターカモのMサイズが売り切れてしまいました。。

よろしくどうぞー!

https://kgm.stores.jp/

 sl6 sl5 sl4sl0 sl1 sl CAMO

fuki

RISINGTONES

ubuya

「お座敷レヴォリューション」at.ニライカナイうぶや

OPEN 19:00 / START 19:30- CHARGE ¥2500+1drink order

LIVE/
KGM×t.o.No×ShunShun
ドリー&ザ・ギターヒーローとイナッチ (RISINGTONES)

ご予約/
メールフォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/9caeaf1f437526
ニライカナイうぶや  東京都八王子市三崎町2-13 TEL. 042-624-4445

 

RISINGTONESのドリーさん。
ライブでは4年ほど前?に吉祥寺でご一緒させて貰った以来共演がありませんでした。
CDを買って持っているぐらいに私はとても好きなのでライブが見たいんです。
とはいえRISINGTONESの皆さんは東京在住。私は仙台。
なかなか機会が巡ってきません。
ならば、です。自分で企画するのが早い。

せっかくなので、意外性のある面白い場所で、ということで八王子を選びました。
ニライカナイうぶやの3階、お座敷のフロアがライブ会場になります。
ドリーさんがギターの孝夫さん(KGMレコーディングでもお世話になってる裏打ちのスペシャリスト)とイナッチさんとの三人編成でライブをするとのお話だったので、私も三人で。鍵盤のt.o.Noくんは私よりもライジングとの交流が長いし、住まいが八王子から近いので外せません。そこにシュンシュン。孝夫さんとのソロ対決してくれないかな。

今回で弾みをつけて、半年に一回とか、一年に一回でも良いから、素直な気持ちで共演したいと思うアーティストをブッキングする企画を続けていきたいと思っています。

ぜひ、遊びにいらしてください!