元ネタ

多分17歳ぐらいの頃だったかと思うんだけど、ラジオから流れてきた曲に驚いた。

あれ?これって小沢健二の

そんな風に自分の場合は後から気がつくことが多かった。元々音楽に詳しい人だったらすぐにピンと来るのでしょう。

これはつまりヒップホップでの引用、サンプリングと同じことだ。というかレゲエでもそういうことはよくあるから昔からよくある音楽文化の遊びみたいなものかもしれない。

「これわかる?」とでも言うかのような大胆な引用から、数曲のパーツを組み合わせたコラージュ的な作品まで。

ただサンプリングの仕方にも一定のルールがあるようで、誰もがしっている曲を何の思慮もなく使ったような、「原曲の人気にあやかろうとする」やり口は熱心なヒップホップファンからの批判を受けたりする。

確かにこの曲を初めに聞いたときは(いやらしいなー!)と思った。アメリカのチャートでは大ヒット。でも周りにいたヒップホップDJは懐疑的だったな。そもそもパフダディーにはみんな批判的だった。

でもジャマイカ人の視点はまたちょっと違う。

どんどん取り入れちゃう。しかもこれだけで終わらないところがジャマイカ人の「逞しさ」を表している。

めちゃくちゃいい曲。この曲は7インチのレコードだとアカペラバージョンになってて、それがまた素晴らしかった。

90年代のレゲエにはこんなのが山ほどある。

そしてまた小沢健二の話に戻る。

これは95年くらいの曲だったかな?ブギーバックってNICE&SMOOTHの曲を下敷きにしてるって言われてるらしいですね。

たしかにテンポ落としたら、そうか。気づかなかったな。

自分もこういうオマージュ的だったり、引用をやってる曲もいくつかあるんだけど、あまりに気づかれないので言わないことにした。自分で説明してばっかりいたら恥ずかしいから(笑)

 

最後に、これはサンプリングの話じゃないけど。

この曲好きだったなー。今聞いても特別に綺麗なメロディーだ。

お兄ちゃんの方も。リミックスアルバムの中の一曲。

この曲は当時ジャマイカで流れてるのを聞いて(ジャマイカ人はこんなのもかけるのか!)と驚いた。

柔軟というか、自由というか、素直というか、よくも悪くも”節操のない”そのジャマイカの気質が好き。