東京

Youtubeで聞いたこの「東京」という曲に感動し、どうしてもフルバージョンを聞きたいと衝動的にニューアルバムを注文した。

Too Many People ダイジェスト – ASKA

 

今日届いて早速全編を聴いてみた。
とにかく素晴らしかった。ASKAさんはやっぱり特別な人なんだ。

今までにチャゲ&飛鳥も、ASKAさんのソロも熱心に聞いた経験はない。
ちゃんと聞いたのは当時友達に借りたアルバム「TREE」と、大人になってから中古で購入した「NEVER MIND」だけ。
あとはKANさんとの共演曲。だから全然詳しくない。90年代のヒット曲はもちろん知ってるけどね。

あの事件以降、次にリリースがあったらそれは必ず聞きたいと思っていた。
ゴシップ的な興味、それがゼロといったら嘘になるけど、でもそんなことよりも、あれだけの歌唱力と作曲能力を持った人が今回の事件を経て、どんな曲をリリースするのか、それが気になっていた。今しか歌えない特別な曲を出してくるだろう、と。

全編聴いて素晴らしいアルバムだと思った。全てが好みの曲ではなくても、これだけ充実した曲がたくさん入っていればお腹いっぱいだ。特に、やっぱり「東京」が良かった。あとは「FUKUOKA」。当分繰り返し聴いてもっと理解を深めたい。

昔から言われていることではあるけど、「天才」はやっぱり特別だ。良くも悪くも「普通」ではない事が多い。
天才が常識人であるとは限らない。間違いを起こさないとも限らない。でもその才能は特別なんだ。
特別待遇を受けるべきだとまでは思わないけど、正当な評価は受けていって欲しいと思う。