INFORMATION

GEW TOWN

22時就寝、3時起床という、これは早起きなのか?まだちょっと眠いけど。
とにかく早くに眠りに就いた事が幸運に思えたので勢いに任せて久しぶりにブログ記事なぞ書いてみようと思う。

昨日は年末に仙台で開催されるKOHDAI君とShunShunのフライヤー制作を夕方にどうにか仕上げ、作業中いつのまにか画面が真っ暗になって起動しなくなっていたiPhoneの相談にソフトバンクショップを訪れ(スタッフの方に強制再起動の方法を教えてもらい無事解決)、息子を連れ約束していたトッキュージャーの入浴剤を購入し、帰宅後先述のライブの告知を大急ぎでSNS等にアップしまくり、録画していたゴッドタンを見ながら夕飯を食べた。この時点で21:30という子供たちにとってはかなり深めの時間だった為、「早よ寝なはれや!」という事で絵本を一緒に見る。そしてミイラ取りがミイラになる、という「あるある」パターン。もしかしたら俺の方が先に眠っていたやも。

とにかく最近は毎日を小忙しく生きている。忙しいと胸を張れるほどに内容が詰まっている訳ではなく、ナンダリカンダリの用事が積もり積もり、日々に追われている。

かのKOHDAI×SHUNSHUNライブの話に戻ります。

 

1227fix

 

仙台でのイベント、しかも私が仕切りのイベントではありますが、出演しません。というのも前の週に自分が出演のイベントがあるのです。

 

GABU_FB

自分が歌う、演奏する事に関してはこちらに注力するとして、翌週は企画運営に集中しよう、という思いです。

GEWTOWN PROJECTとは何か。
まず、大それたプロジェクトでは決してない事を先にお伝えしておきましょう。とりあえず名義が欲しかった。(世間の仙台のイメージ=牛タン、そのままじゃおかしいし、、GEW-TONGUE…GEW TOWN!)そういう事です。私がメインで動きつつ、何人かごく身近な友人に協力をしてもらい他の地方から来るアーティストのイベントを「より良い状態で開催したい」、そういうことです。

以前からジレンマに感じていた事。
ここ3〜4年程で、前よりも東北を訪れるミュージシャンが増えた様に感じています。それも大箱でドーンとやるタイプのミュージシャンではなく、小箱の会場でアコースティック寄りの編成でやる、私の活動に近いタイプのミュージシャン。沢山来てくれるのは本当に嬉しい事なのですが、県外の皆さんが想像しているほどこの街の音楽的土壌は整っていない、というのが私見。勿論、どメジャーなイベントには人が集まります。それこそARABAKIなんかは県内外からもの凄い人数の来場者だと聞きます(行った事ないんですけど)。とは言え、カフェやバーで開催されているライブイベントの数は人口比で考えるとお隣岩手県の方が多いのではないでしょうか。イベント企画する人もそんなに多くありませんし、とにかく人が集まりにくい。よって、段々アーティストもライブスケジュールで「仙台を飛ばす」ようになって来る、悩ましげなスパイラル。

私は今も昔も仙台在住、やはり地元の事ですから友人のミュージシャンから「この前仙台行ったけどお客さんが入らなかった…」と言われるとなかなか胸が痛みます。どうにかしたい、と思いつつも、私自身「ライブを連発してもジャンジャンお客さんが入ります」、なんてタイプではないのでみんなが仙台に来るたびに客寄せとして出演する事も出来ません。私一人では力量不足なのです。そもそも自分自身の活動(遠征)もあって、毎週末仙台にいる訳でもありませんし。

そんな中で、他県のアーティストをゲストに迎えたイベントを開催してきました。今年で言うとLEE BENさん、TAKACHAさんや千尋ちゃんを迎えた事もありました。決してハイペースではありませんが、「しっかりと集客し、沢山のお客さんの前でゲストに演奏してもらう」ことを考えると、これぐらいのペースが限界なのです。ゲストを呼んでおきながら「お客さん入ってません」じゃ申し訳が立たないので、いつも慎重にタイミングを計って企画しています。それでも毎度ドキドキですよ。

誤解を恐れずに言うと、これは言葉にすると非常に情けない話ですが、私は自分のライブ活動の事だけをもっともっと考えていた方が良いのかもしれません。もっと自分の活動がより良い環境になるように、そればかりを考えるべきなんじゃないかと、たまに悩みます。とはいえ、生まれ育った街の事ですし、完全に切り離して考えるのも難しい。良い人ぶる気はさらさらありません。どっちつかずといえばどっちつかず。街のせいでもなく、私だけの問題でもなく、遠征に来るミュージシャンだけの課題でもなく、これだ!という答えが見つかりません。

今回は、自分の出るイベントが前週にあることもあり、二週続けて出る事が双方にとってプラスになるとは思えず、まずそれ以外の方法で企画を進める事にしました。ゲストはKOHDAI君とSHUNSHUNという何度も仙台を訪れているミュージシャンでしかもKOHDAI君は数年ぶりの来仙、SHUNSHUNはアルバムリリース直後の単独ライブですから、情報を「届けるべき」ところに届けられたなら、良い状況を作れるはず。しかしながら私一人だけでは(遠征もある為)大した動きが出来ないので、ゲスト二人のライブを心待ちにしているであろう友人とミュージシャン(Heso君)に協力を願い出まして、結果快い承諾が得られたので「よし、やろう!」となりました。みんなありがとう。

フライヤーもなかなか面白い感じに作れたと思います。私はデザイナーではなくまだまだ素人レベルなので、あまり細かい作り込みが得意ではありません。なのでインパクト重視、という訳で背景をビールにしました(笑) シュンシュンがビール好きなのは間違いないけど、コーダイ君はどうなんだろうな。テキーラとかの方が好きなのかな。長いこと友達ですが、私が全然お酒を飲まないもんでみんなの飲酒事情がわかりません。。ビールで大丈夫だったかな。

 

年末にかけて東北ライブが続きます。

− − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − 

12/20(土)福島市 笑夢CURRY

詳細確認中

− − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − 

12/21(日)仙台OSTERIA GABU 3rd Anniversary

「今夜は最高」

GUEST LIVE/
KGM & PHAKCHIS (ShunShun&菊池勝志)

OPEN 18:00 / START 19:00
ADV¥2500 / DOOR¥3000

ご予約&お問い合わせ
GABU 仙台市青葉区一番町4-6-14
022-707-4053

ご予約メールフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/204f5d9e330021

− − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − 

【チョイ早 X’mas party 2014】

日時/12月22日(月)午後7時開場/午後7時半開演
会場/秋田市xenobar(Jam House内/金萬ボウル2階)

前売予約/3,000円 当日/3,500円 
※共に要別途ドリンク代

ご予約
https://ssl.form-mailer.jp/fms/00c14760326265

-LIVE-

KGM
KOHDAI (ex.B:RIDGE STYLE)
SHUN SHUN
KATUSI (from EL SKUNK DI YAWDIE)
石川コウ 
※クリスマスのプレゼント交換がありますので靴下にプレゼントを忍ばせて来て下さい!

お問合せ
080-5731-8239 / choniceman@gmail.com (小川) 

※注意事項
・18歳未満の方は父兄同伴でご来場ください。
・未成年の飲酒、喫煙は法律で禁止されております。
・会場での貴重品紛失で店舗、主催者側は一切の責任を負いません。
・迷惑行為を発見した場合はご退場頂く場合がございます。
・飲酒運転は厳禁です。 
・ルールを守って楽しみましょう

− − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − 

12/23(火・祝)盛岡市 岩手県公会堂 21号室

OPEN 16:30 / START 17:30-
ADV ¥3000 / DOOR¥3500

LIVE/
KGM
KOHDAI
SHUN SHUN
菊池勝志

DECO/
a.sheep×candleCHIMI

SHOP/
candleCHIMI, OOD

ご予約
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cadacbfb327643

 

その他のスケジュールや詳細はKGMホームページで
http://kgmmusic.com/schedule/

よろしくどうぞ!

 

それにしても、

GEW TOWN スタッフTシャツ…作りたいな(笑)

0