TAYLOR 714CE ES2

ギターは何本か所有していてそれぞれに必要な理由がある。

ライブ用のギターは生音云々よりもとにかくピックアップの音に満足出来るかが重要だと思うんだけど、

ピックアップは年々進化していく。だから自分にとってよりベターな方向へ乗り換えてきた。

大体3〜4年ぐらいの間隔で買い換えてきたと思う。

去年の春ぐらいから使うようになったのはTAYLORの714CEというギター。

 

taylor

 

一年近く使ってきてようやく馴染んできた感がある。

生音はまあ良い方だとは思う。トップがスプルース、サイドバックがローズウッド。

でもまだ音が若すぎる。ヴィンテージと比べるとボディ全体の響き方が浅い。

ローズウッドは鳴るまでに時間が掛かると噂に聞いていたけど、それって本当なんだなー。

ピックアップについてもだいぶ慣れてきた。

ES2はとても良いと思う。

 

 

ES1もそれはそれで素晴らしいと思う。ES1でしか出せない音がある。

(でもこれはどのピックアップでも言えることか…)

ES2は手元で鳴っている音とラインの音のバランスがほとんど一致しているのが良い。

弦を滑らせた時の音を拾い過ぎるのが気になるけど、これは慣れで解消した。

よほど気になるっていうならそれ用のスプレーを買えば良いのだ。

一番助かると感じたのはラインの音がいつもほとんど変わらないこと。

今までのギターだと会場によって響きが全然変わってしまって、

それにものすごくストレスを感じながらライブをすることもあったけど、

それが殆どなくなった。理由はなぜだろう?

 

あと、(これも前々から評判を聞いていたけど)テイラーはネックが良いみたいだ。

ナット幅は44.45mmと若干広めなんだけど薄さが故なのか、弾きにくさを感じない。

実際このネックに慣れてきたら、

(細ければ弾きやすいというのでもないんだな)

と思うようになった。コードも押さえやすい。

 

結論。

TAYLORのギターは道具として最高!