軍曹

「セッション」という映画を見た。

ジャズも映画も詳しくない (というより全然知らない) 自分が文章に残すのはどうなんだ?と一瞬思ったが、そもそも知識がないと感想も言っちゃいけない風潮ってなんなの?どうなの?何気分なの?という思考に達した。
そんなこといいつつ、何を批判するでも批評するでもないんだけど。面白かったですよ!
ただ、受け手によって賛否が分かれる作品でしょうね。でもそのぐらいの方がいいのかな。

「パワハラ」と騒ぐ人もいることでしょう。

最近はなんでもハラスメント。モラハラ、マタハラ、アルハラ、とここまではいい。
スメハラ!!スメルハラスメント。なんでもハラスメントつければいいと思ってる感が凄い。ハラスメントって嫌がらせという意味のはずなんだけど、、なんでいちいち被害者の立場に回るんだ?
あれ?いつのまにか全然関係ない話に飛躍してる。ヒヤハラ!

 

「セッション」、一度見て頂きたい。
鬼教師フレッチャーがやたらと罵り続けるシーン。
フルメタルジャケットのハートマン軍曹を思い出して吹き出した。