PRESONUS

今まで使ってたモニタースピーカーの調子があまりに悪いもんで困っていた。片側のスピーカーの音が出たり出なかったり。これがじわじわとストレスになる。とはいえ先輩頂いた大切な物だったので手放す訳にはいかない。これは修理に出すとして、取り急ぎモニターが必要なのでネットであれこれ物色し始めた。

それで最終的に選んだのがPRESONUS Eris 4.5 というアクティブスピーカー。

PRESONUS Eris E4.5

2本がペアになって2万弱だからミュージシャンが使うものとしては安い方だと思う。もっと上の価格帯も検討したものの、そこまでの環境は自分には必要ないだろうという結論に。自宅でやることなんてデモ作りぐらいのものだから、そこまで拘ってもね。

実際に商品が届いて使ってみると全然悪くない。むしろ今まで使ってたスピーカーよりもいいんじゃないか?と検索にかけてみたらなるほど定価も販売価格も今回のスピーカーの方が上だった(少しだけどね)。高ければ高いほど良いとは思わないけど、品質は基本的に価格に比例するものね。納得。

前面にボリュームと電源スイッチがついてるのがとても便利。便利って素敵。電源が必要なのは片方だけで、もう一本はスピーカーケーブルで繋ぐだけで良いってのも◯(片側がアンプ入り、もう片方はパッシブ仕様)。

凝りだすと止まらない性分なので「ここは拘る」と強く感じる部分以外は極力気にしないように気をつけてる。キリがない(笑)

 

自宅で使ってるのはiMac。
そこからオーディオインタフェイスにつないで出力。

 


 

AUDIOFIRE4という。お世話になってるスタジオの方に何がいいかを相談して購入した。その時は3〜4万だったと思うけど、もう8年も前に買った機材なので中古で1万もしないんだろうな。

もっとチャンネルが欲しいとも思う時もあるけど、これが頑丈で全然壊れない。壊れるまでは使うだろう。壊れても修理するかもしれないけど(笑)

そしてインターフェイスのOUTPUTからミニミキサーを経由してモニタースピーカーに接続。

直接OUTPUTからモニタースピーカーに接続でもいいんだけど、それだとOUTPUTの音量もパソコンで操作しないといけないから面倒だし時間がかかる。ミキサーの方が便利。この順番ならミキサーにギターのジャックを指して音を出すことも出来るし。ちなみにこのミキサーも安い。音は特筆すべきレベルのものではないだろう。うちの机は小さいから、とにかくサイズ重視。でも悪くはないです。少なくともベリンガーよりは全然良い。

 

とまあ、このブログに書いても誰も興味ないだろう事柄について書いてみた。